旅をしています

【今週の俵山のトピックス(10/15-10/21)】

・熊本県ユラックス~山口県こびとのおうちえん

********************

今週の担当はまぎーです。いま日本のエコビレッジを巡る旅をしていますので感想を書いていきます\(^o^)/

~熊本~

ーユラックス(サウナ)

初めに行った場所はサウナーの聖地と呼ばれるユラックスとう名のサウナ浴場。これまでもサウナは好きで行っていたが、、ユラックスでの整い方(サウナ→冷水→外気浴)は格別で、いままでの整いはものすごく浅いものだったという事が体感で感じられて驚愕しました。そこで得た事は、本物を知り体験するということの大切さ。これまでの人生でも本物を知らずに興味が沸いていないことが沢山あるだろうなと思います。そのモノの真の価値、良いモノを知らずに判断する事はもったいない、色々経験するにしても本物と呼ばれるモノを体験しようと思えたユラックスでした。https://www.yulax.info/

 

 

 

 

 

ーアウトドアフィールドのんねむ

のんねむは熊本河内町にあるアースバックの宿泊施設とアウトドアフィールド 。施設からは年中夕日を見渡せる絶景ロケーションで、アースバッグ工法やタイルなどを取り入れ、最終構想”おとぎの国”を目指し、2017年から製作を開始しており”絵本のようなおうち”に宿泊できます。ここで感じた事はアート思考の大切さ、アートは人の心が動くという事を体験できました。機能としては他の家と同じなのに、最終構想”おとぎの国”を目指し細部までこだわりぬいた表現がされていて感動しました。アートはセンスも大切だと思うので自分で全てやろうとせず得意な人と助け合いながら表現できたらと思います。https://www.nonnem.com/

 

 

 

 

 

 

 

ー三角エコビレッジサイハテ

パーマカルチャーをベースにした”楽園デザイン”により持続可能×新しいライフスタイルを描く村。サイハテと俵山は場所もそこそこ近い事もあり、交流がさかんにあるエコビレッジです。サイハテではメインで活動されている坂井家にお世話になり、外からみた俵山ビレッジがどれだけ恵まれた環境か知ることができた事でした。その場所にいると当たり前になりすぎていて有り難みを忘れていましたが、その土台は誰が作り、自分らがどれだけの恩恵を受ける事ができているのかを再確認できました。リーダーの葛藤やコミュニティメンバーの葛藤を客観的に捉えられるとても良い時間を過ごさせてもらいました。サイハテはこれから大きな変化があるかもしれません、どう進化するのか楽しみです。https://village.saihate.com/

 

 

 

 

 

 

 

~長崎~

ーとんさかの森

とんさか森は、長崎県南島原市の秘境「塔ノ坂(とうのさか)」集落にある、楽~で楽しい体験型の林間学校。校長先生はニュージーランドで自然の豊かさに感動し日本で場づくりを始めたそう。校長先生が子供たちに英語を教えていることもあり、海外の方との交流が多いコミュニティでした。海外の人と接すると感じるのがコミュニケーション力の高さ。出来事に対し自分がどう感じてどう思ってどうしたいのかを堂々と話すし、相手の話もよく聞き尊重しているのが心地良かった。多様な人種がいる地だからこそ理解し合う事の大切さを感じる場所でした。https://morinogakko.amebaownd.com/

 

 

 

 

 

 

 

ーお山の地球屋

お山の地球屋は佐世保市にあり、築100年を越える古民家で素材・調理にこだわったお食事を提供しています。 『南国食堂地球屋』が自宅にてリニューアル営業しています(現在は改装中でお店はやっていませんでしたが)、家主のケンタロウさんが美味しい料理をたくさん作ってくれて、バナナの葉をお皿代わりにしたカレーは見た目も味も最高でした。ケンタロウさんは焚火が好きで、火を焚きながら生活できること自然の恵みによって生かされていることに感謝して、当たり前の事を当たり前にするというのが印象的でした。自然に生かされているから自然を当たり前に大切にし、人と共生しているから人を当たり前に大切にし、子供にも大人と同じように人として当たり前に接する、とても誠実な方で素敵な場所でした。※現在改修中で非営業

 

 

 

 

 

 

 

 

~長野~

ーイラムカラプテ

イラムカラプテは、安曇野の自然の中にある瞑想を軸にしたエコビレッジ目の前には自然農の畑がありますが、少し車で行くと街もある暮らしやすい場所にあります。イラムカラプテの目的は”自然体のあなたへ還る場所”。わたしたちが、本来、どういった生き方をすることが自然なのか思い出すためにイラムカラプテは在るそうです。オーナーの大さんはとても波長の綺麗な方で話しているだけで心も場も浄化されていくような不思議な方でした。一緒に瞑想と呼吸法をさせて頂いたのですが、現状や過去の話をしているうちに自分がとても苦しみながら生きているとうことに気付かせてもらい、”自分と共にいる呼吸”を教えてもらったり、「世界は自分が見たいように見ている」という人生が変わるような不思議な体験をさせてもらいました。
~神奈川~

ー廃材エコビレッジゆるゆる

99.9%廃材で作られているエコビレッジ。発起人の飛龍さんはアーティストで万華鏡作家。こちらものんねむと同じくアートは人の心を動かすを実感、しかも廃材だけで。カオスだがバラバラではない、飛龍さんの理想な社会理念をアートで表現しているのかなと感じました。初めての地域通貨を使ったり、ゆるゆる村民飲み会に参加したり、リーダーの人格の大切さが豊かな社会を作るという話も聞けて、ゆるゆるっぽくない濃い時間でした。https://haizaiecovillage.amebaownd.com/

 

 

 

 

 

 

~山梨~

ー自然農園ビヨンド

「山梨県北杜市にある全員参加型の体験農園です。自然の恵みが実際に得られる体験を提供し、食料や燃料、寝る場所などに不安がなくなれば、自由な心が得られやすくなるとの想いで、お金や時間を気にせずに泊まれ、食べれ、遊べる、、、、そんな空間を創っています。なんでもかんでも自分でやってやる!と気合を入れて自給自足のような暮らしをするのもいいかもしれない。 しかし、人はそれぞれ得意分野が違うものだ。それを活かし、皆で手を取り合うことができれば、自給自足→皆給皆足ができ、皆が手を取り、皆がわけ合えば、皆で生活できるのではないかな?そう、家族のように。ビヨンドの理念は『Smile and Shine!(皆が笑顔で輝いている世界を創る)』ただ、それだけ。これさえできていれば細かい項目は実はどうでも良い気がします」。代表の室田さんの体験記をブログにかいているので読まれてみると興味をもつかもしれません、自分もブログを拝見して伺いました。 https://beyond-farm.com/category/profile

 

 

 

 

 

 

ーぴたらファーム

「ぴたらファームは、田畑を暮らしの中心に置いた持続可能な暮らしを仲間と共に作っていこうと夢見て2010年に始まった自然循環型オーガニックファームです。“You are what you eat.(身体は食べたものからできている)”と言うけれど、食べものは何からできているんだろう?わたしたちの食べものは穀物や野菜、お肉。お肉になる豚や鶏の食べものは、草や穀物。野菜、穀物、草といった植物は、土からできる。土ってなんだろう。土のあるじはたくさんの微生物。土から植物が育ち、動物や昆虫の命の源となり、命を終えた生き物は微生物によって土に還る。こうして巡っていくことを大切にしたい。おいしい野菜は豊かな土の生態系のなかでつくられる。そのバランスを崩してしまう農薬や化学肥料は使わないことが大切なのです。私たちは、分断されてしまった横のつながりを、丁寧によみがえらせたいと思っています。」代表のたいちゃんは、生活は大変だけど自分にはこれしかない。と言っていたのが印象的でした。https://pitarafarm.com/about/

 

 

 

 

 

 

 

~三重~

ーアズワンネットワーク

理念は、誰もが本心で生きられる社会。分離の世界からワンネスの世界を生きようと100名以上のコミュニティになっているそう。アズワン施設の中にコンビニのような場所があり、コミュニティフィーを払えばそこから何でも持っていって良く、お金のない社会のプチ体験が印象的でした。http://as-one.main.jp/HP/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 ~岡山~

ー暮らしのね

岡山県でセルフビルドの家、電気は太陽光発電、ガスは引かず自家製の炭と薪で調理、雨水をろ過して飲み水を作り、お風呂は薪で沸かし、畑では野菜を育て、庭では鶏が自由に走り回っています。ノブさんはアメリカでパーマカルチャーデザインの楽園を見た時に衝撃をうけ今の暮らしをはじめたそうです。

https://www.facebook.com/nobuaki.kita?__cft__[0]=AZVrF2HZmRmuI3h_vAYCQhBQreZku3LTfH2QEExibSapEauDcJ_m1lTQCYTWiANA_QpzzaCDnfFmXv_HCjW2m5D5HICWf8kOOI6u66ydUJuCRw&__tn__=-]C%2CP-R

 

 

 

 

 

 

 

 

ーパミモミ

突然の訪問でしたが快く見学や説明させていただきありがとうございました。俵山ビレッジとも交流が始まっているので益々楽しみです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~山口~

ーこびとのおうちえん

最後は大下充億さんが始めたこびとのおうちえん。まぎーは2023年3月からこちらへ移住するので皆さん遊びに来てください。俵山ビレッジとも今後なにか事業も一緒にやりましょう。あつおさん、大ちゃん楽しみにしてます\(^o^)/

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP